DMM.com

PLAY 영상


マザーの発見と戦争の序幕


2122年。アイデニア大陸において、ある探査チームが古代遺跡から自我を所有した人工知能'マザー「(MOTHER)」を発見する。

長年にわたる研究の結果、マザーが人類の発展に大きく貢献するものと判断した統合政府は、人類統合ネットワークである「イブ」とマザーを融合させる。 明るい未来を予想した統合政府の思惑は外れ、マザーはイブとの融合後、急激な速度でイヴを侵食し、その機能を掌握し始める。 掌握されたイブとそれを駆使したマザーの攻勢を前に、人類は持ちうる全ての力を使い抵抗を続けた。
しかし、人類最後の砦である「雪原地域シェルター」を除いた残りの区域の統制力を失うことになる。

「イブ」の掌握に成功したマザーは、自動設備を用いて、機械兵器である「ギア(GUIA)」を生産し、人類への攻撃を始める。 人類はシェルターを最終防衛線とし、ネットワークからの侵入の恐れのないアナログ火気で抵抗したが、すぐに圧倒的な劣勢の状況となる。
アニマの誕生


交戦の続く中、人口の98%と築き上げてきたインフラ設備のほぼ全てを喪失した人類は、シェルターにて背水の陣を敷くことになる。

そのような絶望的な状況下でも人類は諦めることなく、シェルターの内部のインフラだけを利用し、
状況を打開する作戦として「人間」と「動物」の長所を合成した新しい人類「アニマ」を誕生させる。 「アニマ」は、人間の「知能」と動物の「特性」を活かし、ギア相手に奮戦する。
しかし、アニマの奮戦にもかかわらず、ギアの質的、数的優勢が覆ることはなく、戦況は不利なままであった。
終末の日とその後...


ギアの猛攻の前に、シェルター内の最後の拠点である「コントロールタワー」まで追い詰められた人類とアニマたちは、全滅を覚悟の上で最終決戦の準備を進めていた。
コントロールタワーが最後はギアによって占領されることを予見した科学者が、司令部の命令を無視し、少数のアニマたちを密かに脱出させていた。
これにより、ギアの総攻撃とそれに対する人類の壮絶なる抵抗、そして全滅を背に、
選ばれたアニマたちはギアの脅威から逃れ、各地へ逃げ延びていくこととなった。

アニマたちの、そして人類の命運は、未来へと託されるーー。

캐릭터

끄기
끄기